LOUVRE(ルーヴル)美術館展


昨日国立新美術館で開催されているルーヴル美術館展へ行って来ました。

肖像芸術 人は人をどう表現してきたか。というキャッチ。

肖像の起源から変容まで5つのテーマで構成されていました。

「ルーヴル」というタイトルで行きたくなってしまう私ですが

今回も外しませんでした。

素晴らしかった!!

肖像って人が人の姿を表現したものの事なんですって。

高橋一生の素敵な声のガイドをお供に約2時間かけてゆっくり

鑑賞してきました。

5つのテーマの中の一つ

「記憶のための肖像」というブースがあります。

そこで「一生ガイド」が記憶のための肖像のはじめは、

船乗りの恋人と別れる際に、ロウソクの灯りで壁に映る

彼の影を、彼女が忘れないように

指でなぞったことが初めだというくだりがありました。

なんともロマンチックな話💛

現代の写真 に行きつくまでどれだけの歴史が在るのか!

時代とともに、いろいろな役割を果たしてきた肖像

ご興味のある方は是非に。 お薦めです(^^♪

今回の私の一番はナポレオン1世の大理石の肖像

石なの?と疑いたくなるくらい繊細なドレープのマント。

細かいレースの模様。  圧巻でした。